口腔外科

口腔外科とは口の中とその周辺の外科的治療を扱うものです。
具体的には、親知らず、抜歯、顎関節症、インプラント、歯周病、外傷、のう胞、腫瘍等を扱います。
当院では、院長が口腔外科専門であるため、ひとりの患者さんに対して総合的に治療を行います。

顎関節症

顎関節症

顎関節症は、顎関節の痛みや雑音、開口障害を主症状とし、加えて首や肩こりなどの症状を伴うこともあり、20歳代をピークに比較的女性に発生しやすい病気です。
適合の悪い冠や歯列不整、親知らず、顎変形症)を含め、様々な原因が絡み合って起こる多因子性疾患と言われています。顎関節症患者の多くの方は、痛みが限界に達した時にはじめて治療をはじめます。しかし それでは、かなり重度の状態であることが多く、手術などの外科的療法でしか治療できない場合があります。顎が痛いなど、下記の症状が少しでも現れるようであれば、お早めにご相談ください。

顎関節症の症状

  • 食事をしていると顎がだるい
  • 口を動かすと顎関節に痛みがある
  • 噛みしめると顎関節に痛みがある
  • 指で顎関節を押すと痛い常に顎関節が痛い
  • こめかみ部分から顎の筋肉が痛い
  • 口の開閉の度に異音がする
  • 口が真っすぐに開かない
  • 下顎が左右均等に動かせない
  • 口の開きが小さい
  • 口を開くことが出来ない
  • 顎が外れたことがある

親不知の抜歯

親知らずの抜歯

近年、生活スタイルや食生活も変わり、歯は大きいけれどあごが小さくて親知らずが埋まってしまっている方が80%以上います。
生えている親知らずの抜歯ならばそんなには大変ではなく、ごく普通の歯科医院でも可能です。しかし、埋まってしまっている親知らずに関しては、やはり専門の口腔外科に行かなくてははなりません。
当院では、院長が口腔外科専門であるため、埋まってしまっている親不知の抜歯も可能です。 親知らずでお困りの方はぜひご相談ください。

ページトップへ
Copyright(c) 2012 大阪市西成区の歯医者ならたまでファミリー歯科. All Rights Reserved.